【日々の気づき】スッキリしないときこそ心の声を聞く

 

長かった髪を短くしたときのお話し。

 

「伸ばした方が楽だよなぁ~」
「長い方がエレガントだよなぁ~」

なんて思いから、髪を伸ばしていた時期がありました。

 

 

いつも美容院では”ほぼお任せ”

 

長さと、前髪を作るか作らないかだけ伝えて
あとは、「イイ感じにしてください~」と言ってお任せしていました。

 

 

だけれど、
どうにも髪の収まりがつかなくなったとき

「そろそろバッサリ切りたいなぁ~」なんて思い始めました。

 

それから美容院に行ったのですが、
何回行っても、お店を変えても私の髪は一向に短くならず…
整える程度で帰宅するということが続いていました。

 

どのお店でも、どの担当者さんでも

「切ってもらっていいですよ~」

ってお伝えしたのに みなさん、

「切らない方がまとまりますから整えますね」

的なことを言って切らなかったんですよね。

 

それをそのまま素直に受け入れていましたが、
いつもスッキリしていませんでした。

 

 

ある日、思い出したようにだいぶ前に通っていた美容院へ。

 

コレまでと同じように伝えたら、

「切っちゃっていいんですね~」って、どんどん切る方向へ(笑)

 

で、こんな感じに↓

ハンドメイドアクセサリーKOHURA

 

 

またまたオカッパ頭に逆戻りしたので、
手入れがしやすいわけでも、エレガントでもなかったのですが…

とーってもスッキリしたんですよね。

 

 

そこで思ったのは、何んで長い間、

「切ってください!」

って言わなかったんだろうってこと。

 

「切ってもらっていいですよ~」

なんて 人任せにしていたのだろうって。

 

 

スッキリしなかったのは、

髪がボサボサ長いからでも、それを切ってもらえなかったからでもなかったんです。

 

自分自身で、自分の心の声にきちんと向き合っていなかったからなんだって気が付きました。

 

 

ついつい忘れがち、というか気が付かない振りをしちゃうものですよね…

自分の心の声。

 

スッキリしないときこそ、ちゃんと心の声に耳を傾けなくては。

 

そんなことに改めて気が付けた日のお話しでした。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です